くまのひざかけ

このブログはノンフィクションです。

不正

‪処方箋は医師が出すものなのに、

臨床心理士のカウンセリングだけで薬の調整が出来るって、おかしくない?

何で通報した私が夫に怒られなきゃいけないの?

他の患者のこと考えろ?

「お前の所為で閉院した」と怨みを買う?

は?

何で悪い事をしたほうが開き直ってこっちが萎縮しなきゃいけないの?

 

 

4月頃に心理士に質問した時は「攻めますねぇwww」とはぐらかされた。

その後、諸事情で断薬を希望したらあっさり叶ってしまった。

医師の診察は受けねばと思って5月末に予約した筈が、またカウンセリングを入れられた。

事務のミスだそうだ。

 

「そもそも何で心理士が…」

「怒り出すと抑えられないんですねぇ…生きづらいですねぇ…」

 

またはぐらかされた。

何とか6月初旬に診察は受けられたものの、

中旬のカウンセリングで処方箋をよこすというミスをされ、私は憤慨。

 

「大体何で心理士が(中略)?悪い事と知っててやってるんですか?」

「すみません」

「すみません」

「不快にさせて申し訳ありません」

 

またまたはぐらかされ、とうとう納得のいく回答は得られなかった。

心理士は一応「診察を受けやすくするよう医師に交渉します」とは言ったものの、

私は怒り心頭で、帰宅後に地方厚生局に通報。

それを聞いた夫(医療系)は「何故俺に相談しない?」と激怒。

厚生局も素人の電話一本では動かないようで、

先日のクリニックは普通に経営されており、スタッフも普通に働いていた。

 

 

このクリニックは、

混雑を理由に、診察とカウンセリングを同日には受けられないことになっている。

初診は前者必須だが、後者を希望すると以後はそちらのみになる。

 

私は初診で、前院での処方を減らして服薬を続けることになった。

そこから変更が無ければ良いのだが、

採血後のカウンセリングで「増やしましょう」となり、

医師に会わずにそれが出来てしまうことを疑問に思ったのだ。

 

夫には「正しい事だけをしていたら生き残れないのが開業医」と教わった。

処方の件を除けば良い所であり、薬も暫く止めるので、

私はもう諦めることにした。

所詮、非医療者の詮索など、聞く耳持たれないのだ。

 

しかし、今まで他の人に突っ込まれなかったのは何故だろう?

心理士が薬を変えると言い出したら、次回予約を診察にしてもらう。

此方に出来る事はそのぐらいかも知れない。