くまのひざかけ

このブログはノンフィクションです。

おもひでぼろぼろ〜軽音編 #3〜

Twitterで何度吐き出してもスッキリしないので、此方でまとめさせてください。

漫画ではなく敢えて文章でいきますね。
 
2002年6月、学内定期ライブの打ち上げにて。
 
当時の部長H氏が、入部1ヶ月の私を指差して「幹事補佐」を命じました。
突然すぎて驚き、「何をすれば良いんですか…?」と聞くと、
彼はマジギレ。
 
「もう大学生なんだから、自分で考えて行動しろ!」
 
私は硬直⇒萎縮。
その後もH氏は、隙あらば説教を垂れました。
 
「やり方に正解は無いから!自分なりにやれば必ず評価されるから!」
 
「あいつ(女副部長兼幹事)は『何したらいいですか』なんて聞いたことないよ!?」
 
「あいつを見習って!あいつを助けてあげて!」
 
ごもっともですが、長いと疲れますね。
 
何なのでしょう。
新歓1回で飲み会の流れも幹事の動きも掴めなかった私が悪いのでしょうか。
まさか「ギター教えてください!」と寄ってきた新入生にも同じ事を言うのでしょうか。
 
しまいには二次会で、他の先輩達まで巻き込んでこき下ろし。
 
「こいつ馬鹿だよね〜www『何すればいいんですか』だって〜ギャハハハ」
 
ここは蹴飛ばしてもよかった所ですかね?
 
非常に胸糞悪い打ち上げでした。