くまのひざかけ

このブログはノンフィクションです。

文月

私は2012年7月末に結婚、翌年7月半ばに出産しました。
この時期になると、当日までの経緯をまざまざと思い出します
幸せな節目の筈が、嫌な事ばかりを。
 
まずは妊娠初期のこと。

とにかく、誰にも気付いてもらえませんよね。
『安定期までベラベラ喋らない』という心構えも、自分を追い詰めていました。
マタニティマークも市販されているとは知りませんでした。

自分の場合は悪阻も他の自覚症状も全く無くて『想像妊娠じゃね?』と思いましたし、
母子手帳を貰うまで妊婦を名乗れない』考えて悔しがっていました。

こんなBBAも居たし。
『いつまで他人に秘密にしなきゃいけないのよ!』と母に八つ当たりしたのを覚えています。

『職場や近親者には安定期を待たずに報告しましょう』

他課のヘルプで疲弊した私から、これからの人へ。

あ、最後にもう一つ。
師走ですが、同窓会で『え、お酒飲めないのぉ〜?』と怪訝な顔で訊かれた事にもモヤリとしました。
(恩師の定年退職祝いというコンセプトが無かったら欠席していましたよ)
(当時は誰とも仲良くなかったし)

私はいろいろあってもう産まないけれど、
腹部が最初からボッコリ膨らむ仕様だったらいいのに……と思いました。